>

安全に作業を進めるために

一般住宅の電気工事ができる

まだ何も資格を持っていない人は、第2種電気工事士の資格を獲得できるよう勉強してください。
この試験では、筆記試験と技能試験をクリアしなければいけません。
第2種電気工事士の資格があれば、一般住宅で電気工事ができるようになります。
まだ大きな建物の電気工事を行うことはできませんが、一般住宅で経験を重ねてください。

またこの資格を持っていると、他の難しい資格にも挑戦できるようになります。
第1種電気工事士の資格があることを受験条件にしている資格が多く、電気工事関係の仕事に携わりたい人は早めに取得しておきましょう。
さらに資格を持っていないと採用してもらえない業者も存在するので、就職活動までに得ることをおすすめします。

第1種電気工事士の資格を持つ

大きなマンションやビルなどでも、電気を使います。
ですから電気工事が必要になりますが、第2種電気工事士の資格だけを持っている人は工事を担当できない決まりなので注意してください。
そこで必要なのが、第1種電気工事士の資格になります。
第2種電気工事士の資格を取ったら、次はこちらに挑戦しましょう。
ちなみに、電気工事の経験がある人が受験条件です。

第2種電気工事士の資格を持っているだけの人は受験できないので、きちんと現場に出て経験してください。
さらに試験を行い、合格できたら第1種電気工事士の資格を得られます。
第2種電気工事士の時よりも難易度が上がっているので、簡単にクリアできません。
時間を掛けて、じっくりと勉強しましょう。


この記事をシェアする