>

工事をまとめる立場になれる

1級と2級が存在する

工事を管理して、みんなを引っ張る立場になりたいなら1級電気工事施工管理技士の資格を獲得しましょう。
現場監督のような仕事を担当でき、キャリアアップにも繋がる便利な資格です。
ずっと下の立場のままでは給料が低く、次第にやりがいを見失うでしょう。
現場監督になれば、仕事の負担や責任が大きくなりますが、みんなに頼られるのでやりがいを得られます。

しかし1級電気工事施工管理技士は、非常に難しいと言われています。
簡単に試験をクリアできないでしょうから、最初は2級電気工事施工管理技士に挑戦しても良いでしょう。
1級よりも難易度が下がり、17歳以上の学生でも取得できます。
最初は2級に挑戦し、次に1級に挑戦するのがおすすめの順番です。

通信講座でも勉強できる

エネルギー管理士の資格があれば、燃料や電気など、様々なエネルギー使用量の監視や改善作業に携わることができます。
電気通信主任技術者という資格もあり、これは電気通信ネットワークの工事を行ったり、運用したりするための監督になれる資格です。
工事の技術も重要視されますが、電気通信ネットワークの知識も求められるので勉強を欠かさないでください。

独学でも勉強できますが、わからないことがあった時にそのままになったり、間違った知識を認識したりする可能性があります。
正しい知識を覚えられるか不安な人は、通信講座などを活用するのが良い方法です。
それならテキストを使ってわかりやすく教えてもらえるので、効率良く勉強できます。


この記事をシェアする